からだのしくみ

リンパの流れ

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回のテーマは美容にも大きく関係している『リンパ』の働きについてです。

『リンパ液の働き』

体のすみずみに網目状に張り巡らされているのがリンパ管。この管の中を流れるのが、透明でさらさらしたリンパ液です。リンパ液は血液に含まれる酸素や栄養素を各細胞に供給するために血管から染み出した液体で、細胞間の組織液とも呼ばれます。このリンパ液はリンパ管を巡って最終的には静脈に流れ込むという循環を繰り返しながら、全身の細胞の働きの維持や、老廃物の回収、異物の除去などを行っています。

また、リンパのフィルターであるリンパ節では、ウイルスなどの病原体・菌などの異物を捕えて破壊します。全身の細胞で発生した老廃物や破壊された異物は最後に鎖骨の下にあるリンパ節を通って静脈に入り体外へと排出されるのです。

img46e121aa4e905

『血液とリンパ液の違いは?』

リンパ液の成分は血液に非常に近いものです。ですが血液はご存じの通り赤いのにリンパ液の色はほぼ透明。なぜでしょうか?

まず血液が赤いのは、赤血球に含まれるヘモグロビンの赤い色素のためであるということ。

血管と各細胞の間を満たしている組織液については先程触れました。もう少し詳しく言うと、血液が運んできた酸素や栄養素は血管の壁から染み出てこの組織液に入り、体の各細胞はこの組織液から酸素や栄養素を取り込みます。各細胞で不要となった二酸化炭素や老廃物も細胞から組織液に流れ出てこれが静脈やリンパ管に入り最終的に体外へと排出されるのです。

この一連の流れの中で赤血球は血管の壁を通る必要がないため、組織液の成分には含まれていません。赤血球が含まれない組織液は赤色にはならず、ほぼ透明な液体なのです。そして組織液の一部がリンパ液となるので、リンパ液は透明ということです。

junkan11

 

『生命維持に欠かせないリンパ系』

このように血管と細胞の間で橋渡しの役割をしている組織液は、体内に平均10~12リットルあり、細胞へ栄養素と酸素を運ぶとともに老廃物や二酸化炭素を運び去っているわけです。その老廃物や二酸化炭素を排出するための道が静脈の血管とリンパ管なのです。

リンパ液やリンパ管、リンパ節の働きのおかげで、私たちは毎日の健康を維持することができていると言えますね。

 

次回のコラムでは気になる顔や体のむくみとリンパについて詳しくお話します。