からだのしくみ

呼吸と自律神経の深~い関係

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

前回のコラムで自律神経についてお話しましたが、自律神経の乱れと体の不調についてもう少し詳しく書きたいと思います。

『交感神経の働き』

自律神経に交感神経と副交感神経があることは前回お話しましたね。そして交感神経はアクセルの役割、つまり体を活発に動かして興奮状態にするために働いています。

具体的には呼吸の回数が増えたり、血圧が上がったり、動悸が感じられるのは交感神経が活性化している状態だという事です。また、血液循環が良くなり活動的になると体温が上昇します。この上昇した体温を下げる為に、汗をかくというメカニズムが働くのも交感神経の役割りです。

020435

また胃・腸・肝臓・腎臓・生殖器等の臓器、の活動を抑えてしまうのも交感神経の働きの特徴と言えます。交感神経が過剰に優位な状態が続いてしまうと、消化器系器官が活発に働くことが出来ず、消化不良や胸やけの原因となってしまうわけです。

『副交感神経の働き』

それに対して、副交感神経はブレーキの役割でしたね。食事中や睡眠時のように体を落ち着かせている時に働く神経です。消化器官の働きを活発にさせせる時に機能し、胃・腸・腎臓・肝臓・生殖器官などの臓器をコントロールしているのも副交感神経です。

副交感神経が活発な時は大量の酸素を必要としないため、呼吸や脈拍も緩やかで、血圧も下がった状態になります。

寝ている間も副交感神経が優位な状態。逆にいうと寝不足状態では副交感神経のレベルは低下してしまいます。

『副交感神経の働きを高めるために』

そして現代人の自律神経の崩れ方は、交感神経が過剰に優位になる場合がほとんどだと言われていますので、副交感神経の働きを高めることが大切なのです。これにはゆっくりとした呼吸がとても効果的!! ヨガでゆっくりとした深い呼吸を行うのはまさにこの副交感神経を高めるためのもの。緊張した時やあせった時、つまり交感神経が過剰に優位になっている時には「ゆっくりとした深い呼吸」が有効です。

015966

『就寝前と起床後に』

副交感神経の働きを高めるために、眠る前には交感神経を刺激させるテレビやパソコンの画面を見ないようにするというのも一つの方法です。また朝起きたらちゃんと朝食をとることも、実は副交感神経を上げる大きな効果があるのです。

ゆっくり深い呼吸朝食で体調を万全にしてこの夏を乗り切ってください!