からだのしくみ

リンパの流れ

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回のテーマは美容にも大きく関係している『リンパ』の働きについてです。

『リンパ液の働き』

体のすみずみに網目状に張り巡らされているのがリンパ管。この管の中を流れるのが、透明でさらさらしたリンパ液です。リンパ液は血液に含まれる酸素や栄養素を各細胞に供給するために血管から染み出した液体で、細胞間の組織液とも呼ばれます。このリンパ液はリンパ管を巡って最終的には静脈に流れ込むという循環を繰り返しながら、全身の細胞の働きの維持や、老廃物の回収、異物の除去などを行っています。

また、リンパのフィルターであるリンパ節では、ウイルスなどの病原体・菌などの異物を捕えて破壊します。全身の細胞で発生した老廃物や破壊された異物は最後に鎖骨の下にあるリンパ節を通って静脈に入り体外へと排出されるのです。

img46e121aa4e905

『血液とリンパ液の違いは?』

リンパ液の成分は血液に非常に近いものです。ですが血液はご存じの通り赤いのにリンパ液の色はほぼ透明。なぜでしょうか?

まず血液が赤いのは、赤血球に含まれるヘモグロビンの赤い色素のためであるということ。

血管と各細胞の間を満たしている組織液については先程触れました。もう少し詳しく言うと、血液が運んできた酸素や栄養素は血管の壁から染み出てこの組織液に入り、体の各細胞はこの組織液から酸素や栄養素を取り込みます。各細胞で不要となった二酸化炭素や老廃物も細胞から組織液に流れ出てこれが静脈やリンパ管に入り最終的に体外へと排出されるのです。

この一連の流れの中で赤血球は血管の壁を通る必要がないため、組織液の成分には含まれていません。赤血球が含まれない組織液は赤色にはならず、ほぼ透明な液体なのです。そして組織液の一部がリンパ液となるので、リンパ液は透明ということです。

junkan11

 

『生命維持に欠かせないリンパ系』

このように血管と細胞の間で橋渡しの役割をしている組織液は、体内に平均10~12リットルあり、細胞へ栄養素と酸素を運ぶとともに老廃物や二酸化炭素を運び去っているわけです。その老廃物や二酸化炭素を排出するための道が静脈の血管とリンパ管なのです。

リンパ液やリンパ管、リンパ節の働きのおかげで、私たちは毎日の健康を維持することができていると言えますね。

 

次回のコラムでは気になる顔や体のむくみとリンパについて詳しくお話します。

 

からだのしくみ

呼吸と自律神経の深~い関係

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

前回のコラムで自律神経についてお話しましたが、自律神経の乱れと体の不調についてもう少し詳しく書きたいと思います。

『交感神経の働き』

自律神経に交感神経と副交感神経があることは前回お話しましたね。そして交感神経はアクセルの役割、つまり体を活発に動かして興奮状態にするために働いています。

具体的には呼吸の回数が増えたり、血圧が上がったり、動悸が感じられるのは交感神経が活性化している状態だという事です。また、血液循環が良くなり活動的になると体温が上昇します。この上昇した体温を下げる為に、汗をかくというメカニズムが働くのも交感神経の役割りです。

020435

また胃・腸・肝臓・腎臓・生殖器等の臓器、の活動を抑えてしまうのも交感神経の働きの特徴と言えます。交感神経が過剰に優位な状態が続いてしまうと、消化器系器官が活発に働くことが出来ず、消化不良や胸やけの原因となってしまうわけです。

『副交感神経の働き』

それに対して、副交感神経はブレーキの役割でしたね。食事中や睡眠時のように体を落ち着かせている時に働く神経です。消化器官の働きを活発にさせせる時に機能し、胃・腸・腎臓・肝臓・生殖器官などの臓器をコントロールしているのも副交感神経です。

副交感神経が活発な時は大量の酸素を必要としないため、呼吸や脈拍も緩やかで、血圧も下がった状態になります。

寝ている間も副交感神経が優位な状態。逆にいうと寝不足状態では副交感神経のレベルは低下してしまいます。

『副交感神経の働きを高めるために』

そして現代人の自律神経の崩れ方は、交感神経が過剰に優位になる場合がほとんどだと言われていますので、副交感神経の働きを高めることが大切なのです。これにはゆっくりとした呼吸がとても効果的!! ヨガでゆっくりとした深い呼吸を行うのはまさにこの副交感神経を高めるためのもの。緊張した時やあせった時、つまり交感神経が過剰に優位になっている時には「ゆっくりとした深い呼吸」が有効です。

015966

『就寝前と起床後に』

副交感神経の働きを高めるために、眠る前には交感神経を刺激させるテレビやパソコンの画面を見ないようにするというのも一つの方法です。また朝起きたらちゃんと朝食をとることも、実は副交感神経を上げる大きな効果があるのです。

ゆっくり深い呼吸朝食で体調を万全にしてこの夏を乗り切ってください!

 

 

からだのしくみ

自律神経

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回は顔のゆがみにも大きな影響を与える「自律神経」についてお話します。最近、自律神経に関する情報はさまざまなメディアを通して発信されています。しかし「自律神経」という言葉は聞いたことはあっても何だかよく分からない、という方がたくさんいらっしゃると思います。自律神経とは一言で言うと、私たちの生命活動を縁の下で支えている「生命維持システム」です。そう、自律神経がなければ人は生きられないのです。

 

『自律神経とは」

私たちの体中に張りめぐらされた神経は、脳と体をつなぐ「情報の道」です。この神経はざっくり表現すると、体性神経自律神経の2つに分けられます。「体性神経」という言葉は聞きなれない方が多いと思いますが、この2つの違いは意識的に動きをコントロールできるかできないかです。動きをコントロールできるのが「体性神経」でコントロールできないのが「自律神経」。「自律神経」の働きの代表的なものが心臓の動きや呼吸です。これらの働きは無意識で行われ、寝ているときでも止まることはありませんよね。

images

 

『交感神経と副交感神経』

そして自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2種類に分かれます。「交感神経」はアクセル、「副交感神経」はブレーキの役割。運動するときや頭を使うときなど、心身が「興奮」するときに優位に働く交感神経がアクセル。くつろいでいるときや眠るときなど、心身が「リラックス」するときに優位に働く副交感神経はブレーキです。

『2つの自律神経のバランス』

大切なのはこの交感神経と副交感神経のバランスです。2つの自律神経がどちらも高いレベルでバランスがとれている状態がいいとされています。理想のバランスは1対1。2つの自律神経がどちらも高く、その中でも体がアクティブな状態では「交感神経がやや優位」、リラックスした状態では「副交感神経がやや優位」というバランスが好ましいです。

昼間、活動しているときは交感神経だけが支配し、夜、リラックスしているときは副交感神経だけが支配する、というようにONとOFFのスイッチがきれいに分かれているわけではない、のです。どんな場合でもどちらか一方に大きく偏っては危険なものなんです。