セルフケア

美しいアーチをつくる

 

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

人間のからだにはいくつの骨があるでしょう? 正解は206個です。その中で足首から先の部分の片足だけに26個、両足で52個の骨があるのです。これだけ小さな部分が体全体の約1/4の骨で構成されているということは、足がとても複雑な構造であることがお分かりいただけるでしょう。

複雑な構造の足に全体重がかかっているわけですから、足のアーチが崩れやすいのは当然といえますね。

大きな負担のかかる足裏に、きれいなアーチを作るためには足首から先の筋肉をしっかり動かして鍛えるということが不可欠です。今回は美しいアーチに効果的なエクササイズをご紹介します。

『足と手の指を組んで回す』

写真のように手足の指を組んでグルグル回します。次に逆回転も。床の上に座って片足を膝の上に乗せると楽に回せます。寒い時期にはお風呂に入った時、湯船に浸かりながらやると手足の筋肉がほぐれて血行も良くなるため、冷え性の方にはおすすめです。

asi1

『足首で数字を書く』

床に座って両足を伸ばし、片足を少し上げて足首を動かして1から順に数字を描いていきます。まず右足で1から10までを、次に左足で同じように1から10まで描いてください。できるだけ大きな数字を描くこと。慣れてきたら両足を上げて左右同時に行いましょう。さらに余裕があれば、左右で対称になるように描いてみてください。(左足で10、右足で01、のように) 頭の体操にもなりますよ。

 

『グッパー運動』

みなさんご存じのグッパー運動です。やはり床に座り両足を伸ばして足の指全部を使って、グーを作ります。そして今度は閉じた指を一気に開いてパーを作って下さい。これを繰り返します。この時に気をつけたいのは、足首を反らせ過ぎないこと。目的は足指の運動ですから全ての指の動きに注意して、特にパーの時はどの指もしっかりと開くようにしてください。

asi5asi6

『タオルを敷いて足指の力でたぐり寄せる』

立ちあがって足の下に、大きめのタオルを敷きます。そして足の指全部を使ってタオルをたぐり寄せてください。立った状態では親指ばかりに力が入りやすくなりますので、小指に意識的に力を入れると全部の指がうまく使えるようになります。

asi3asi4

 

今回ご紹介した4つのエクササイズは美しいアーチづくりと同時に、むくみや冷え性、O脚などの足のトラブル解消にも効果的です。ぜひお試しください。