美容整体

小顔にも関連する 足のお話です

 

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回は体全体を支えている足、その中でも重要な役割を果たしている足裏のアーチについてお話します。

『3つのアーチ』

足のアーチというと、土踏まずをつくっているアーチが代表的ですが、それ以外にも2つのアーチがあります。そう、足裏には3つのアーチがあるのです。ご存じでしたか?

この3つのアーチはドーム状に形成されていて、立ったり、歩いたり、走ったりする時に身体全体へかかる衝撃を、吸収するクッションの役割をしています。

アーチ

 

『3つのアーチが崩れるとどうなる?』

①内側のアーチが崩れると・・・・・土踏まずがなくなり偏平足になるため、疲れやすい、むくみやすい、代謝が悪くなり冷えやすい、足首や脚が太くなる、などの症状が出ます。

②横アーチが崩れると・・・・・外反母趾、足指がくの字に曲がる、角質の硬化で魚の目ができやすい、巻き爪になりやすい、などの危険が・・・。

③外側のアーチが崩れると・・・・・足の外側に体重がかかってしまうのでO脚になりやすく、正しい歩き方が出来なくなります。すると膝や股関節、骨盤にも負担がかかり体がゆがむ原因にもなります。

このように、どれか1つのアーチが崩れただけで足のトラブルに直結してしまうんです。

『足裏アーチが崩れてしまう原因は?』

原因としては、靴が合っていない、正しい歩き方が出来ていない、普段の姿勢のくせ、などが挙げられます。普段のくせは具体的に言うと、立っている時に足を交差させていたり、片方の足にばかり体重をかけたり、座っている時に足を組んだり、といった姿勢です。

正しい歩き方をするには足裏の筋肉を正しく使わなければいけません。そのためには足首から先をまんべんなく動かすことが必要です。また、立つ時に意識したいのは両足のどこに体重がかかっているのか?ということ。体重が足裏アーチの頂点にかかるような立ち方が理想的です。イメージは土踏まずに体重が乗っかる感じです。

この正しい立ち方ができるためには、体全体、特に骨盤、股関節、膝関節のバランスを整えることがとても有効です。

次回のコラムでは足裏の美しいアーチを作るために、自分で出来るエクササイズをご紹介します。