美容整体

小顔にも関連する 足のお話です

 

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回は体全体を支えている足、その中でも重要な役割を果たしている足裏のアーチについてお話します。

『3つのアーチ』

足のアーチというと、土踏まずをつくっているアーチが代表的ですが、それ以外にも2つのアーチがあります。そう、足裏には3つのアーチがあるのです。ご存じでしたか?

この3つのアーチはドーム状に形成されていて、立ったり、歩いたり、走ったりする時に身体全体へかかる衝撃を、吸収するクッションの役割をしています。

アーチ

 

『3つのアーチが崩れるとどうなる?』

①内側のアーチが崩れると・・・・・土踏まずがなくなり偏平足になるため、疲れやすい、むくみやすい、代謝が悪くなり冷えやすい、足首や脚が太くなる、などの症状が出ます。

②横アーチが崩れると・・・・・外反母趾、足指がくの字に曲がる、角質の硬化で魚の目ができやすい、巻き爪になりやすい、などの危険が・・・。

③外側のアーチが崩れると・・・・・足の外側に体重がかかってしまうのでO脚になりやすく、正しい歩き方が出来なくなります。すると膝や股関節、骨盤にも負担がかかり体がゆがむ原因にもなります。

このように、どれか1つのアーチが崩れただけで足のトラブルに直結してしまうんです。

『足裏アーチが崩れてしまう原因は?』

原因としては、靴が合っていない、正しい歩き方が出来ていない、普段の姿勢のくせ、などが挙げられます。普段のくせは具体的に言うと、立っている時に足を交差させていたり、片方の足にばかり体重をかけたり、座っている時に足を組んだり、といった姿勢です。

正しい歩き方をするには足裏の筋肉を正しく使わなければいけません。そのためには足首から先をまんべんなく動かすことが必要です。また、立つ時に意識したいのは両足のどこに体重がかかっているのか?ということ。体重が足裏アーチの頂点にかかるような立ち方が理想的です。イメージは土踏まずに体重が乗っかる感じです。

この正しい立ち方ができるためには、体全体、特に骨盤、股関節、膝関節のバランスを整えることがとても有効です。

次回のコラムでは足裏の美しいアーチを作るために、自分で出来るエクササイズをご紹介します。

 

 

美容整体

セルライト

 

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回は女性の大敵、セルライトのお話です。

からだの脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。今回のテーマであるセルライトに大きく関係しているのは、皮下脂肪。その中でも肥大した代謝の悪い脂肪細胞がセルライトになります。

脂肪細胞

『セルライトは女性特有?』

セルライトは女性特有の悩みと思われますが、何故でしょうか?まず、男性と女性では筋肉量が違います。女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、むくみやすく、下半身太りにもなりやすいのです。セルライトは新陳代謝の悪い部分で脂肪と老廃物が一緒になり、大きな塊となったものなので、女性に多くみられるのです。

また、一見痩せている人でも皮下脂肪にセルライトが潜んでいるケースは多いです。冷えとむくみがあるところにはセルライトは隠れている可能性が大きいと言えます。

下半身の中でも ふくらはぎ、太もも、ヒップの順でセルライトがつきやすいですが、脂肪自体が太ももやヒップにつきやすので、特に目立つのかもしれませんね。

脂肪細胞2

『運動をしてもセルライトはなくならない?』

コラムVol.8でお話したように、肥大した脂肪細胞のまわりでは毛細血管や毛細リンパ管がつぶされていきます。この状態になると、酸素を供給する動脈の毛細血管もつぶされています。これでは脂肪の燃焼に必要な酸素は十分に届きません。有酸素運動をしてもなかなかセルライトがなくならないのは、肝心のセルライトまで酸素が届いていないからなのです。

『では、どうしたらいいのでしょう?』

対処としてはまず体のゆがみを直すこと。すると今まであまり使われていなかった筋肉が自然に使われ出します。

①使われる筋肉の量が増えると、リンパの流れが改善する。

②老廃物が排出され始めて、脂肪細胞へ酸素が届きやすくなる。

③脂肪が燃焼しやすくなる。

④肥大した脂肪細胞が小さくなれば、まわりの血管やリンパ管もつぶされない。

⑤代謝が良くなる。

このようなサイクルがうまく回るようになると、セルライトを燃焼するための酸素がますます届きやすくなり、老廃物も排出されやすくなります。この段階で有酸素運動をすればさらに効果的です。

美容整体

むくみとリンパの働き

小顔矯正・美容整体  エス・バランスの村田です。

前回のコラムでは、体の代謝において重要な役割を担っている血液とリンパ液のお話をしました。そして大切なのは血液とリンパ液の循環です。では、循環の流れを作る力とは何なのでしょうか?

『リンパを流す力は?』

血液を流すためには心臓というポンプがありますが、リンパ液には心臓のようなポンプがありません。リンパ液は主に筋肉が伸び縮みする力によって流れるのです。特にふくらはぎは『第二の心臓』と呼ばれている位に、静脈やリンパの流れに欠かせない筋肉がついています。

kasidomyaku

『筋肉を動かさないでいると・・・』

座り仕事や立ち仕事をしていると夕方ごろには足がぱんぱんにむくむ、ビリビリとしびれる、おまけに冷えきっている。このような症状は長時間筋肉を動かさないために生じる「リンパの循環の悪さ」によって起こっています。

また、座り姿勢そのものがむくみをつくる大きな要因。座った姿勢ではリンパ節が圧迫を受けています。足の付け根のそけい部リンパ節、ひざ裏のリンパ節、さらに足首まわりでリンパの流れが滞る。同じ姿勢で長時間ほとんど動かないために、リンパ管の中の循環は悪くなり更にリンパ節が圧迫されることでむくみは悪化します。

『むくまないようにするには?』

まず、長時間同じ姿勢が続かないように少なくとも1時間たったら5分ほどは席を立って、歩いたり膝の屈伸をしたり階段の昇り降りをするなど、体を動かしてください。

リンパマッサージも効果的です。でも、外からどんなにリンパを流したとしても体のゆがみがあると、その効果も一時的に終わってしまいます。ゆがみがあると体の使い方が偏り、その結果使われない筋肉がたくさんできてしまうのです。

使われない筋肉が多いと、ポンプとしてリンパを流す力も弱くなり、むくむ箇所が増えてしまいます。

『セルライトをつくる原因にも』

そして、あまり使われていない筋肉のまわりには、脂肪もつきやすくなります。この脂肪細胞は、食べ過ぎや飲みすぎなど、なんらかの原因で生じた余分なエネルギーをどんどんため込んで肥大していきます。するとその周りのリンパ管や血管がつぶされ、リンパの流れはさらに悪くなりむくみます。

脂肪細胞の肥大によって生じるのがセルライトです。次回はこのセルライトをテーマにお話したいと思います。