小顔矯正

鏡の中の顔

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

みなさんは鏡で見る顔写真の顔とどちらの顔がお好きですか?カウンセリングの時によく相談されるのが、写真の顔がすごくゆがんでいるように感じる、というお悩みです。

 

『写真と鏡の中、どっちが本当の自分の顔?』 

こんな疑問をお持ちの患者さまが実は多いのです。本当の顔、もっと言えば他人から見られている顔は、写真に写った顔なのです。

そして鏡に映った顔は、本当の顔を左右全く逆にした状態の顔になります。当たり前といえば当たり前ですが、意外と混乱している方がいらっしゃいます。

011825

 

『写真の顔のほうがゆがんでいる?』

このように感じるのは、毎日鏡で見ている左右が逆になった顔に見慣れてしまっているためです。顔のゆがみが大きいほど写真の顔と鏡の中の顔はギャップが出来てしまうので、この傾向が強くなるのです。

特に証明写真などを撮る時は、無表情な顔で写真に納まることになりますよね。そんな時に普段は気が付かないご自分のゆがみが明らかになってしまいます。

『ゆがみが小さくなれば写真と鏡のギャップも小さくなる』

小顔矯正を受けられた患者さまの多くが、写真の顔のゆがみが改善された事を口にされます。それは同時に毎朝鏡で見ている顔と写真の顔のギャップが小さくなっていることを表しているのです。

もしも写真の中で笑っているご自分の顔に、口角の左右差や目の高さの違いを感じていたら、他人の目にもあなたの顔はそんなふうにゆがんでいる、と映っているかもしれませんね。