からだの不調

こむら返り

小顔矯正・美容整体 エス・バランスの村田です。

今回のテーマは「こむら返り」です。水泳やサッカー、陸上競技などに代表委される激しいスポーツ中に足がつる、という現象がこむら返りの一般的なイメージですが、今回注目したいのは寝ている間、特に明け方のこむら返りです。

『原因は・・・』

こむら返りとは冷え発汗筋肉の疲労、などによるふくらはぎの筋肉の異常収縮。とくに真夏の今の時期、汗を大量にかくことによるこむら返りが急増します。汗の成分はほとんどが水分なのですが、その他にナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの成分も含まれています。これらはミネラルとよばれるもので、ナトリウムイオン (Na+)、カリウムイオン (K+)、カルシウムイオン (Ca2+)、マグネシウムイオン (Mg2+)、のように表示される電解質でもあります。

電解質は筋肉の調節(伸びたり縮んだり)に必要不可欠なもので、汗をかくことで体内から電解質が排出された結果、電解質のバランスが崩れると筋肉の調節がおかしくなってしまうというわけです。

『予防するには』

寝ている間、特に明け方に襲ってくるこむら返りの予防には、寝る前の水分補給が欠かせません。ただし水ではなくスポーツドリンクがお勧め。水分だけでは電解質が薄まるので水よりもスポーツドリンクです。水とスポーツドリンクを交互に飲むなど工夫をしてください。また、寝る前のストレッチもこむら返りの予防には効果的です。特にアキレス腱を伸ばすストレッチをしておくとふくらはぎの異常収縮は防ぐことができます。

039160

『それでもこむら返りになってしまったら』

この場合もふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチをするのが一番なのですが、ひどい時には体を動かすのも難しいことがあります。出来るだけゆっくりとつま先を自分の方へ向けて反らせながら、少しずつふくらはぎを伸ばして下さい。立ち上がれるようになったら壁に両手をついて、つっている足を後ろにしてアキレス腱を伸ばすようにストレッチするといいでしょう。